RUTSUBO 坩堝
MINI WALLET (RUTSUBO×OT)
2 Colors

6,600円(内税)

 BLACKCAMEL
ONE SIZE
購入数
【RUTSUBO−坩堝−】

種々さまざまなものが混ざっている状態を表す言葉「るつぼ」。
多民族が混在するNew York Cityを「人種の坩堝」と形容した事により
誕生した言葉である。

ブランド名にした「坩堝」(RUTSUBO)には、世界中に存在するブランド、
作家、概念、文化などが混ぜあう場所を表現する意味があります。
つまり、壺の中で多ジャンルがミックスされ商品となります。

特定のジャンルに特化することはなく、私たちが育った
ストリートカルチャーをベースに大人が楽しめる
他にない商品づくりをしています。
毎シーズンアーティストプロダクトを企画して、作家とともに
商品を作っていきます。
それらは、衣類だけではなく、陶器、インテリア家具、日常雑貨、
スケートボードなどジャンルレスです。

「日本のモノづくりを世界へ」がRUTSUBOのテーマです。


【OT】 @ottattoo

Hiroaki Okuyama
東京在住。文身師、画家。
1999年より文身師として活動を始める。
アジア、ヨーロッパ、その他多くのコンベンション、
ゲストワークも行う一方、絵画制作、壁画、アパレルブランドとの
コラボレーション等も精力的に行う。
活動の主軸である刺青に関しては伝統的な絵柄を学ぶ後、
それにとらわれない大胆な構図を追求すべく、
フリーハンドのみ(紙面にデザインを起こさず肌に
直接下絵を描く手法)での施術を行う。それゆえ必要な画力の向上、
アイデアを書き溜めた画集を定期的に出版。

絵画作品は黒を基調とし、ワントーン落とした色味は、
刺青の持つネガティブイメージだからこそ
一際美しい芸術性を彷彿とさせる。
厳かながらもどこかユーモラスさを持つキャラクターの表情も特徴。


【GNUOYP】@gnuoyp

小川陽生

1974年生まれ、東京都出身。日本で初めてハンドバッグを製作した
職人「重田なお」を曾祖母に持ち、3代に渡りレザーBAGなどを
手掛ける家系に生まれる。二十歳の時に単身イタリア・ミラノに渡り
職人としての技巧やテキスタイル、デザイン等の修行を積み、
1年半を経て帰国。帰国後には家業のBAGブランド Les sacs Adam に入社。
10年間デザイン、縫製、営業、生産など経験を積み独立。
2010年にレザーとテキスタイルを融合させたBAGブランド
「GNUOYP(ニュピ)」を設立。TOKYO MADE にこだわった、
シンプルで自然体なプロダクトを展開。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コメント】

坩堝(ルツボ)が開催する、「洒落処RUTSUBO」アートショー第5弾として、
3月22日(金)より開催した、文身師で画家OT (Hiroaki Okuyama)と
ボーダレスなモノ創りを提案し続けるレザーブランドGNUOYP(ニュピ)の
小川陽生によりの合作展 「キズだらけの鹿革たち 」 を
記念して制作されたLTD MINI WALLET。

牛革に大胆に型押しされた神龍(シェンロン)が際立つ逸品。
カードとコイン、札(折り曲げる)などを収納可能。
名刺入れとしても使えます。
リングカラビナ付きなのでキーホルダーとしてもGOOD。


【サイズ】 

H100 ×W63 ×D6


【カラー】

BLACK
CAMEL

※ご使用のPC環境により、製品によっては実際の商品と若干の色合いの違いが生じる場合があります。


【素材】

牛革 100%


※店頭でも販売を行っている為、在庫切れの際はご注文頂いた商品がお届け出来ない場合、お電話もしくはメールにてお知らせ致します。

おすすめ商品